Archive for 5月 2012

青年協議会は『大山登山』に挑戦!

大山(だいせん)JAM山陰青年協議会は、今年のサマーキャンプで鳥取県にそびえる「大山」(1,729m)への登山に挑戦することを、5月26日の第4回幹事会で決めました。
サマーキャンプの企画立案がメインテーマとなった幹事会は、11人の出席者がプランを持ち寄ってのプレゼン大会に。グラウンドゴルフやビーチボールバレーなどの企画を押さえて、普段は遠目に見ている大山を自らの足で登ってみる案にまとまりました。
『大山登山』のサマーキャンプは、7月21日に行ないます。青年協議会では、今年のサマーキャンプの細かいタイムスケジュールや募集要項などについて、6月の幹事会で固め、広く参加を募る予定にしています。


7月7日は『美Vividセミナー』~With山陰

美VividセミナーチラシWith山陰(JAM山陰女性協議会)が7月7日に開く、『美Vivid(ビビビッド)セミナー』の概要がまとまり、JAM山陰構成組合の女性組合員への参加呼び掛けがスタートしました。
3月3日の結成以来、初めてのイベントとなる今回のセミナーのメインテーマは、職場や家庭、地域やプライベートなどの場で毎日頑張っている女性に向けた『癒(いや)し』。プログラムは盛りだくさんの3部構成で、出雲市を中心に活躍されているRoofTop代表の高橋蓮さんを招いてアロマテラピーの実習からスタート。島根和牛のバーベキューランチを挟んで、日々の悩みや苦労など働く女性の抱える課題についてグループワークを行ないます。
『美Vividセミナー』の参加対象は、JAM加盟組合の女性組合員の皆さんです。参加のご希望、お問い合わせは、あなたの職場の労働組合へお声掛けください。

『美Vivid(ビビビッド)セミナー』
と き 2012年7月7日(土)10時~15時頃
ところ 「島根ワイナリー」島根県出雲市大社町


来夏の参院選 とどろきさんを推薦

image

中央委員会であいさつするとどろき議員

JAMは5月29日に東京で開いた第21回中央委員会で、2013年夏の参議院議員通常選挙で比例代表への立候補を予定している、とどろき利治さんの推薦を決めました。
とどろきさんは、JAMと同じ金属・ものづくり産業の基幹労連出身で、2007年の初当選以来、JAM組織内の津田やたろう参議院議員(厚生労働大臣政務官)との強力なタッグにより、ものづくり職場の声を参議院でしっかりと発信しています。
JAM山陰は、今回の決定を受けて、今後執行委員会などで具体的な取り組みを決めていく予定です。


強いぞ! ヤスイ労組~松江地協

乗本議長も一歩及ばず

安井労組の伊藤さん(右)が優勝

JAM山陰松江地協は5月26日、共済研修会と合わせてボウリング大会を松江市内で開き、各単組から24人が参加しました。
ボウリング大会では、ヤスイ労組の伊藤文男さんが2ゲーム合計358ピンで優勝。今年の島根県中央メーデー大会でも、ヤスイ労組の古藤委員長がお楽しみ抽選でテレビを引き当てており、ヤスイ労組の“強さ”が示されました。ゲームごとのハイスコアの争いでも、224ピンの伊藤さんが堂々のトップに。2位の同地協・乗本克己議長(207ピン)を寄せ付けない強さを見せました。

共済活動を推進しよう! ボウリングに先立って行われた共済研修会では、JAM山陰の椎木書記長が各単組の共済加入状況を示し、「各単組が目標を定めて、個人共済に加入戴いている組合員数を、ワンステップずつ増やしていこう」と呼びかけました。


JAMの3チームが快走

 第17回荒神谷健康駅伝大会(連合島根出雲・雲南地協主催、JAM山陰後援)が5月20日、島根県出雲市の荒神谷史跡公園で開かれ、小学生の部、一般の部各20チーム・合計200人が爽やかな初夏の公園を快走しました。

激走後は、さすがにダウン

 地域の労組や企業、学校保護者などがエントリーした一般の部には、ヒカワ精工、ゼンキンメタル、清和鉄工の、JAM山陰の仲間も出走し、職場や家族の大きな声援を受けました。この駅伝大会は、連合地協が地域の健康作りと活性化、事業所間の交流を目的に毎年開いているもの。この日のゼンキンメタルチームは、シャツの前後に社名と事業内容を貼り付け「試作から量産まで対応します!」としっかりアピール。これを見たヒカワ精工労組の山岡委員長は、「うちのチームも検討しよう」と、来年に向けた抱負を語っていました。

 なお、各チームの成績・順位は、出場各単組にお尋ねください。