JAMについて




JAMは、機械金属産業を中心とする産業に働く38万人の仲間が結集する産業別労働組合です。
JAMは職場における働き方をはじめ、企業活動をとりまく産業社会、私たちの生活をとりまく地域社会など、あらゆるステージにおいて社会的な不公平を認めず、公正な社会を追い求めます。
このためJAMは、社会的信頼をバックボーンとした労働組合として、社会に対する影響力の発揮をめざし、企業内で「対等」を原則とした健全な労使関係を築き上げ、
「人」を大切にしながら「助け合い」をベースとする、民主的な労働運動を展開しています。



JAMには機械、電機、自動車、車両、精密機器、アルミサッシ、鋳鍛造、鉄鋼、住宅関連機器など、ものづくり産業を中心とする約2,000の単位労働組合が加盟しています。
JAM加盟単組の特徴は、日本のものづくりを支えているサプライヤー(部品供給者)が数多く含まれ、100人以下の組合が組織数の約6割、4分の1が30人以下の組合で占められていることです。
1万人を超える単組も30人の単組もそれぞれが主役となり、地方JAM、業種別部会、大手労組会議の三本柱の活動体制に参画し、大会をはじめとする各機関を民主的に運営しています。
JAMは、少数意見も大切にする「みんなが主役の産業別労働組合」です。




JAMのすべての加盟単組は、所在地をエリアとする地方JAMに所属します。全国をくまなくカバーし、複数県にまたがる広域または単県に設置された17の地方JAMとその下に設置された地区協議会が活動の拠点となっています。地方JAMには、全国で130人の専従者が配置され、地協運営と加盟単組の日常活動をきめ細かにサポートしています。
各地方JAMは、大会、地方委員会、執行委員会などの機関により運営され、単組役員を対象にした研修やより規模を広げた集会の主催、健全な労使関係を培う労使会議、青年・女性活動、地方連合会への参画など、まさに地域に密着した活動を担う組織となっています。



JAMは、わが国最大のナショナル・センター日本労働組合総連合会(連合)の一員で、5番目に大きな組織人員を持つ産業別労働組合です。
ともすれば超大手企業労組と公務員労組の運動とも言われている”連合労働運動”の中で、JAMはものづくりを担う機械金属産業の代表であると同時に、中小企業に働く仲間の視点に立った主張・行動を展開しています。



JAMのことを、さらに詳しくお知りになりたい場合は、
『JAMホームページ』http://www.jam-union.or.jpをご覧ください。