Archive for 8月 2012

乗本副委員長が大会宣言を提案

image

8月30・31日の2日間にわたり開かれたJAM第14回定期大会は、2013年度活動計画、予算や、政策実現活動取り組み方針などを決定し、全国から出席した役員・代議員が一年間の積極的な活動展開を誓いあい閉幕しました。
大会を締めくくる大会宣言は、JAM山陰副委員長の乗本克己代議員(三菱農機労組委員長)が提案し、「37万組合員が一致団結し、連帯を通じて絆を強化することにより、ものづくりの力をもって明日の日本を築いていこう」と、案文を力強く読み上げました。


とどろきさんと、ガッチリ握手!

image

静岡県熱海市で開かれている、JAM第14回定期大会会場に、来年の参議院比例代表選挙に臨む、とどろき利治参議院議員が駆けつけ、力強く決意表明しました。
大会審議の合間には、大会出席者との写真撮影も行われ、大会特別代議員として出席している高松容子With山陰議長も、とどろきさんとガッチリ握手。身近な仲間の代表を実感しました。


新加盟組合を代表してあいさつ!

JAM第14回定期大会新加盟組合紹介

JAM山陰の米子製鋼所労組足田委員長が熱弁

8月30日に静岡県熱海市で開かれた、JAM第14回定期大会で、JAM山陰の米子製鋼労組の足田憲範委員長が、この一年間の新加盟組合を代表してあいさつしました。
足田委員長は、JAM加盟に至った経過を説明し、「JAMの一員になってから、執行部や組合員の意識が変わってきた」と強調。あわせて「米子の地域にJAMの仲間を増やしていきたい」と述べ、会場の万雷の拍手を受けました。

 


JAM本部大会が開幕

JAMの第14回定期大会が8月30日、静岡県熱海市に全国から役員・代議員など600 人が集まり、開幕しました。
今年の大会では、基幹労連のとどろき利治さんを推薦して臨む来年の参議院比例代表選挙を中心とした政策実現活動や、ものづくりの技術・技能を伝承する取り組み、雇用と生活を守る労働条件の取り組みなどを柱とする、新年度の活動方針を決定します。
JAM山陰からは、中央執行委員の細木委員長のほか、代議員などで、小椋、乗本、山岡の各副委員長、高松With山陰議長、足田米子製鋼労組委員長ら、あわせて8人が出席しています。

image