Archive for 11月 2012

JAM推薦候補者決まる!


12月4日公示、16日投票で行われる、第46回衆議院総選挙にあたり、JAMの推薦候補が11月26日に決まりました。
JAMは、『民主党政権の継続』をめざした取り組みを進めます。


女性の声発信の砦に!~With山陰が総会


JAM山陰女性協議会(With山陰)は11月10日、第2回総会を米子市の商工会議所で開き、山陰両県の女性組合員35名が集まる中、JAM山陰ではたらく女性の参画促進を軸とした新年度の活動方針を確認しました。
With山陰の高松容子議長は「現在、JAM山陰で働く女性の周りには様々な課題があるが、公の場では女性の声がなかなか届きにくい。With山陰の活動を通じて、一人でも多くの女性組合員の活動の場が広がるよう、しっかりと取り組んでいく」と意欲を示しました。
総会には、JAM山陰の細木執行委員長、山岡組織強化委員長のほか、中央Withの加藤副議長、森本松江市議会議員も駆けつけました。
中央Withの加藤副議長は、参加者へ女性活動の必要性を伝えつつ、「活動はここにいる一人一人が主役」と主体性の発揮を促しました。
総会終了後には、米子市を拠点に女性の自己成長のための講座をプロデュースしている池上由美さんを招いて、「~働く女性のための~7つの黄金ルール」を開講。職場で活用できる実技を取り入れた、エレガンス派女子『エレ女』に向けたHOW・TOを学びました。
夕方には、With山陰初の企画、交流懇親会が開かれ、「こんなに楽しい会だとは思わなかった。日頃交流できないほかの単組の方や、仕事の話を真剣に語れる、同じ産業の女性との情報交換はすごくためになった」との声が聞かれました。


島根の働く女性も集合! 連合島根女性委

JAM山陰の寺本さんが事務局次長に

連合島根女性委員会の第20回定期総会が11月11日、松江市内で開かれ、パワーアップストーンづくりのワークショップも開かれる中で、2013年度の活動を女性の力で展開していくことを確認しました。
連合を構成する各産別から女性役員が出席したこの日の総会には、JAM山陰からも5人が出席。昨年度に引き続いて、連合島根女性委員会の事務局次長に、三菱農機労組の寺本悦子さんの就任が確認されました。
総会のあと、大橋川の景観を楽しみながらのランチ懇親会を挟んで行なわれたワークショップでは、「金運」「健康」「恋愛」「癒し」など、参加者自身がパワーアップしたいことへの熱い思いをこめながらの作業に。一人ひとりが目の色をかえての作業になりました。