Archive for 12月 2012

ダイレクトに! 女性の声をとどろきさんへ!!

とどろきさんへの熱いメッセージ
 JAMの仲間の代表として2013年夏の参議院選挙に挑むとどろき利治参議院議員へ、With山陰(JAM山陰女性協議会)のメンバーから寄せられたホットなメッセージが届けられました。
 今回、とどろきさんのもとに届けられたメッセージは、今年度の活動方針の柱の一つに「2013年政策実現活動の推進」を掲げているWith山陰が、11月10日に開いた第2回総会で参加者から募ったもの。「人と人とが触れ合える場を増やしてほしい」「もっと、育児・介護休業を取りやすい社会に!」などのメッセージで埋めた色紙ボードを作成し、12月5日に東京・参議院議員会館のとどろき議員事務所に届けました。
 総選挙前ということもあり、当日はとどろき議員は不在でしたが、対応いただいた秘書の加納美奈子さん(下の写真左)が「山陰の女性組合員皆さんから心のこもったメッセージに大感激。本当に心に響きます。とどろき利治は、皆さんの声の実現に向けて、がんばります」と、応えていただきました。
とどろき事務所で  


やたろう議員が島根入り!

JAMの組織内参議院議員、津田やたろうさんが12月7日に島根県入りし、総選挙のJAM推薦候補者支援の活動を行いました。
出雲市内の島根県2区候補者事務所では、事務所スタッフを激励するとともに、選挙区内の知り合いに電話をかけて支援の取り組みを要請。
松江市内の三菱農機労組では、松江地協と民主党地区支部の共催で「やたろうと語る会」が開かれました。「やたろう来る!」の急な呼びかけにもかかわらず、約30人ものみなさんに集まっていただきました。やたろう議員は、「厳しい戦いだが、最後まで頼みます!」と、一人ひとりとがっちり握手しました。
夕方に、安来市内で開かれた島根県1区候補者の個人演説会では、弁士として登壇。やたろう議員は、「これだけ厳しい経済情勢の中で、失業者が大幅に増えていないのは、民主党政権の努力の成果」と政権の継続と、会場を埋め尽くした聴衆に、候補者への支援を訴えました。
津田議員は、総選挙の期間中も全国を飛び回り、JAMの仲間と行動を共にしています。

※公職選挙法に基づき、画像の一部を修正しています。