Archive for 1月 2013

松江・出雲両市議選と春闘の取り組み開始を宣言!

細木委員長を中心に、森本候補(左)、大谷候補(右)がガッチリ握手

細木委員長を中心に、森本候補(左)、大谷候補(右)がガッチリ握手

 JAM山陰の第14回地方委員会が1月25日、松江市内で開かれ、2013春季生活闘争でのJAM山陰方針や、松江市議選(4月21日投票)、出雲市議選(4月14日投票)で、森本ひでとし、大谷良治両氏の必勝を決議しました。
 今年の春季生活闘争では、賃金構造維持分の維持などを柱としたJAM方針に沿って、JAM山陰に集うすべての組合が要求を提出し、交渉を早期に進めていくことを確認しました。
 4月に連続して行われる、松江・出雲両市議選に向けては、夏の参議院比例選挙・とどろき利治の取り組みと合わせて、鳥取・島根全域の単組の総力戦で『ものづくり職場を守る』視点で、政策実現活動を進めていくことを再確認しました。


大谷良治さんを準組織内候補に

大谷良治さんJAM山陰は、1月25日に開いた第3回執行委員会で、4月の島根県出雲市議選に向けて、新人の大谷良治(おおたに・りょうじ)さんをJAM山陰の準組織内候補に位置づけ、JAMの仲間として「出雲のものづくりを守る戦い」を展開していくことを確認しました。
 県内の中小企業に勤務するかたわら、労働運動のリーダーとして、県内の中小・地場、ものづくり職場の声を大切にする活動を続けてきた大谷良治さんは、「出雲は県内一の鋳物産業集積地でもあり、市の行政施策として、ものづくり支援策を強化する必要がある」と、訴えています。


春闘・参院選へ総力挙げて! JAM中央委

20130118_JAM_chuoui JAMは1月18日に東京都内で開いた第22回中央委員会で、①全単組が何らかの要求を提出、②賃金構造維持分の確保、③平均賃上げ要求基準4,500円--などを柱とした2013年春季生活闘争方針を決定しました。
 JAMの眞中行雄会長は、賃金構造維持分を確保する取り組みについて「これ以下の要求はない。組織の総力を挙げた交渉を展開していこう」と、各単組の積極的な取り組みを呼びかけました。
 この日の中央委員会では、今夏の参議院選挙の必勝決議も採択され、ものづくり職場を代表して比例代表選挙に臨む「とどろき利治」さんの取り組みを全国で確実に進めることを確認しました。


連帯の力で!

kinga_shinnen

仲間の力を合わせて。
本年もよろしくお願い申し上げます。