Archive for 4月 2015

労働法制改悪は許さない!

第86回島根県中央メーデー

2015mayday_shimane_1
2015mayday_shimane_2第86回島根県中央メーデーが4月29日、松江市内のくにびきメッセ前で開かれ、JAM山陰松江地協の仲間が参加しました。
 メーデー式典で連合島根の仲田敏幸会長は、「政府は連休明けにも労働法制改悪を国会に提案しようとしている」と指摘し、①労働者派遣法の改悪、②労働時間規制の緩和につながる労働基準法の改悪--への反対する姿勢を改めて示すとともに、公的年金の積立金運用に労使の意思が確実に反映できるガバナンス体制の構築を強く求めました。
島根県では、メーデー大会が地区ごとに行われており、すでに開催された雲南(24日)、大田(26日)、邑智(27日)のほか、出雲、江津の両地区では中央と同日の29日に開催。浜田、益田、隠岐、安来の各地区では5月1日に開かれます。


さらなる一歩を踏み出そう!

第86回鳥取県中央メーデー

2015mayday_tottori_1
2015mayday_tottori_2働く者の権利と国際連帯を訴え世界各地で行われる祭典、メーデーの季節が到来しました。
4月26日の日曜日には、『第86回鳥取県中央メーデー』の記念式典が米子駅前で開かれ、JAM山陰の高林産業労組、米子製鋼労組の仲間をはじめ、連合傘下の組合員や家族など1,800人が結集しました。
集会であいさつした連合鳥取の五十嵐美知義会長は、「いま日本では、世界的な基準である『8時間労働制』の基本的部分が、今の政権により崩されようとしている」と警鐘を鳴らし、労働法制の改悪に断固反対する姿勢を強調しました。
鳥取県内では、同じ日に鳥取市(東部)、米子市(中部)でもメーデーの式典・デモ行進などが行われ、JAM山陰の仲間が多く参加しました。


春季生活闘争 JAM山陰集計

2015年4月20日12時現在〈単純平均〉
要求 回答 集約・妥結
単組 平均額・円 平均% 単組 平均額・円 平均% 単組 平均額・円 平均%
37 6,849 3.39 25 3,746 1.73 21 3,598 1.64
▽うち、ベースアップ・改善分
23 4,363 1.97 9 1,127 0.50 7 1,235 0.54
※単組ごとの状況などは『加盟単組と組合員のページ』で!→→→