春闘方針を確認!! 全単組”ベア要求”へ!

JAM山陰第16回地方委員会

統一地方選挙の推薦候補とともに『ガンバロー』

統一地方選挙の推薦候補とともに『ガンバロー』

JAM山陰の第16回地方委員会が1月31日、松江市の「玉造温泉ゆ~ゆ・ホール」で開かれ、JAMの2015年春季生活闘争方針を踏まえて、「全単組が賃金構造維持分に加えた”ベース・アップ要求”に取り組む」ことなどを柱としたJAM山陰闘争方針を決定しました。

20150131_2細木芳治委員長は冒頭のあいさつで「円安が山陰地方の企業活動に影響を与えており逆風が吹いているが、昨年の交渉後に消費税率が上がり、ここにきて食料品などの値上げが相次いでいる。生活防衛の観点で、2月24日の統一要求日に足並みをそろえて、一丸となり取り組みを進めよう」と強調しました。続いて、組織拡大、共済加入促進などのJAM山陰の課題に触れるとともに、「春闘と統一地方選挙の同時進行となるが、双方とも力いっぱい取り組むことで、相乗効果があらわれる」と力説し、鳥取・島根両県議会議員選挙での推薦候補全員の勝利に向けた活動を呼びかけました。

 


Comments are closed.