価値を認め合う社会の実現に向けて

連合島根2018春闘中央総決起集会

底上げ・底支え、格差是正、労働者の立場に立った働き方の実現価値アピール

3月16日、この時期としては珍しい極寒の中、2000人近い労働者が集結し

総決起集会が開催された。賃上げ・働き方改善をはじめとする、すべての働く者の

処遇を底上げする決意と社会全体の課題解決に向け、我々JAMが展開する

「価値を認め合う社会へ」労働の価値、製品の価値を正しく評価され
お互いに認め合った公正取引の実現に向けて

のぼり旗をかかげデモ行進と共にアピール行動を展開した。


Comments are closed.